若林宏行さん出版記念講演会 2月10日(水) | 2010年01月16日

「気が付いたらうまくいってた! 心の法則」の著者、若林さんの出版を昨年お手伝いさせて頂きました。

本が出来るプロセスも、気が付いたら本になっていました(笑)

本当に楽しいプロジェクトでした!青春出版の手島さんに編集をお願いしました。
いろいろとお世話になり有難うございました。
いつも、3人で食べ物の話ばかりでしたが、楽しかったですね(*^_^*)

おかげさまで、じわじわと口コミで、売れているようです。有難うございます!
都内の書店でも、心理学やスピリチュアルのコーナーで、よくおいて頂いております。
ありがたいですね。

そんな、若林さんも照れ屋のところもあり、あまり出たがらないですが今回は引っぱりだしちゃいました!

もちろん、私も参加しますのでぜひご参加お待ちしております。

『気がついたらうまくいってた!心の法則』出版記念講演

日時:2010年2月10日(水)

午後6時30分開場 

午後6時45分スタート

午後8時45分終了

会場:代々木研修室 (四階になります)
〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-29-5 教会ビル4F
電話:03-3375-6671

【会議室地図】
こちらです。

参加費:おひとり様『気がついたらうまくいってた!心の法則』を1冊ご持参ください。それが参加チケットとなります。

講演会の後に懇親会を行います。参加希望の方は懇親会費3,500円

お申し込みは以下の必要事項をメールに記入の上

氏名

住所

連絡先電話番号

メールアドレス

懇親会 参加・不参加

を記入の上 

info@ wakabayashihiroyuki.comにお送りください。

数日以内に受付のご返信をさせていただきます。


http://blog.livedoor.jp/dragon931/archives/51390956.html
posted by kojima at 21:42 | Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生の目的会議 | 2010年01月14日

先週、我が家の8歳になる長男が、「今日は家族みんなで、『人生の目的会議』をやろうよ?」と言い出した。

結局、布団に入りながら家族四人でそれぞれの人生の目的を話し出した。

僕は、「人生の目的か、何かな?魂の成長なのかな」と答えた。

なんだか、みんなにはうまく伝わっていない空気だった。

長男のまなとは、「人生を楽しむことかな!」

彼の言葉には、深みがあり無駄がない。ある意味、その通りだよなと思うことをシンプルにストレートに話す。だからこそ、本音で語っている感じがする。だからこそ、みんなに気持ちや想いが届いていた。

もっと、本音で正直に生きたいと彼を見てまた思った。
posted by kojima at 21:34 | Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己肯定感と自己否定力 | 2010年01月13日

サッカーの日本代表主将、中澤選手はサッカーを小学校の6年生の時から始めた。他のサッカーエリート選手や、小さいころからスターだった選手と比べると、彼が自身でもサッカーが下手だという認識が強かったらしい。

もちろん、高校時代も高校選手権や高校総体にも出るような高校ではなかった。
プロに行くという夢を持って頑張っているのは、その高校では彼くらいだったのかもしれない。
でも、誰よりも誰よりも練習をしていた。

だが、彼の「夢」は、日本代表に選ばれてW杯に出ることだった。

周りの人は、そんな夢はあきらめろ、無理だと言っていた。

彼は、高校卒業後にブラジルにサッカー留学をして、どうしても大好きなサッカーをうまくなりたかった。
そして、日本に帰国後もプロになるチャンスを狙っていた。

そんなときに、卒業した高校のサッカー部が当時の読売ヴェルディのユースと戦うことになり、年齢を詐称してその試合に監督に無理を言って出さしてもらった。

その試合での活躍がきっかけで、練習生としてヴェルディに入り、そこでも誰よりも誰よりも練習をしていた。みんなが帰った後も、始まる時も誰よりも早く来て練習をしていた。
その甲斐もあり、彼は夢である日本代表にも選出され、主将として何度も試合に戦っている。

そんな彼も、いまだに「自分自身はサッカーが下手だと」思っていると、テレビの取材でも答えていた。
だからこそ、いまだに誰よりもサッカーの練習に打ち込んでいる。
その姿勢は、当時から何も変わっていない。

まさに、彼のこのあり方、生き方にプロフェッショナルとして学ぶべきことは多々ありそうだ。

それは、誰よりも「自己肯定感と信頼感」があるからこそ、自分を超えるために「自己否定」をかけていくことができるのかもしれない。

今年は、自分を超えていきたい。そんな旅はすでに始まっている。ある意味で、思いっきり自分自身については「自己否定力」をかけていきながら、自分の枠をはずし、再構築をしていき最終的にはブレイクスルーを体験したいと思う。

何か新しい時代のエネルギーを感じつつ、目の前のことや、チャンスをしっかり丁寧にやってやっていくしかないと感じている。
posted by kojima at 21:41 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

copyright(c) 2009- OpenMind Allright Reserved.