第4回「禅心、初心 それは智慧を求める智慧である」(鈴木俊隆) | 2021年09月29日

【人生をひらく東洋思想の言葉】


第4回

「禅心、初心 それは智慧を求める智慧である」

(「禅マインド ビギナーズ・マインド」鈴木俊隆著)



初心者の心には多くの可能性があります。しかし専門家と言われる人の心には、
それはほとんどありません。

「Zen Mind, Beginner’s Mind It is wisdom which is seeking for wisdom」
       (「ZEN MIND BEGINNER’S MIND」SHUNRYU SUZUKI)

In the beginner’s mind there are many possibilitties ,but in the expert’s there are few.


青春時代、スティーブ・ジョブスがむさぼり読んだとされる禅のバイブルです。

初心という状態は、まさに心が「空」という状態であり、

そのときはどんなことも受け入れる、

どんなことにも開かれている、という状態にあると書かれています。

しかし、専門家と言われる人の心には、それはほとんどないということが書かれていて、

それを読んだ時に愕然とした記憶があります。まさに、そのとおりだなと。

一番難しいのは、初心者の心を持ち続けること、

だからこそ、常に心をまっさらな状態でいることで、

常に心をニュートラルでいる訓練が必要だと感じました。


ZensMind 20210930.jpg


posted by kojima at 21:17 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

copyright(c) 2009- OpenMind Allright Reserved.