第2回「道の道とすべきは常道にあらず」(老子) | 2021年09月16日

【人生をひらく東洋思想の言葉】

いずれ、英語で東洋思想をお伝えするつもりでいるので勉強も兼ねて、

未熟な英語を駆使して、恥を忍んで記載していくことにしました。

不自然な英語や、こういう表現の方がいいよという部分がありましたら、

教えて頂けると大変有り難いです。

よろしくお願い致します。


第2回

「道の道とすべきは常道にあらず」(老子)

東洋思想の言葉は、その書物にある巻頭の言葉に 一番言いたいことをまとめている

とも言われている。

これは、有名な老子の巻頭に出てくる言葉であるが、

もう、それはわかったと思った瞬間から 迷宮入りしてしまうという。

だから、常に新鮮な気持ちで実感し体感することが大事だということであろうか。

先人の叡智には、全く古さを感じさせることもなく、有り難い気持ちになる。

そこに、古典の深さと面白さがあるように感じる。


「A way you can call it way is not the great everlasting way.」(Laozi)

It is said that the words of Eastern thought are best summed up in the opening words of a book.
This is a quote from the beginning of the famous Lao Tzu's book,
but it is said that the moment you think you understand it, you are lost.
Therefore, it is important to always feel and experience things with a fresh mind.
The wisdom of our ancestors does not feel old at all, which makes me feel grateful.
I feel that this is where the depth and interest of the classics .


20210916 写真.jpg



posted by kojima at 07:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

copyright(c) 2009- OpenMind Allright Reserved.