白湯健康法 | 2016年03月18日

白湯本.jpg

最近ハマっていることがあります。

それが白湯(さゆ)を飲むだけなんですが、これがなかなかいいんです。

まだまだ、始めて3週間くらいなのでお試し中ですが、
体調も変化してきて、体重も少し落ちてきました。
家族内で、みんなクセになってます。

この本の編集を担当されたのが、PHPビジネス出版部副編集長の中村悠志さんです。

当時、文庫本を担当していた中村さんは健康本も得意としていて、
この健康法を知った際に、理にかなったこのメソッドに金の卵のような感覚があったそうです。

ご自身も冷え性だったのが、改善していき、今では生活習慣の欠かせないものになっているそうです。

今でこそ、この本もベストセラーになっていますが、
当時はあまりにもシンプルすぎて光が当たっていなかったそうですが、
一人の編集者の直感によりこのような流れが生まれたことは、本当に素晴らしいですね。

中村さんがこの本がイケるな思った要素をお聞きすると、

理にかなっている

お金がかからない

手間がかからない

シンプル

副作用がない

効果がある

事例が多い

などかあり、それを全て満たしていたので、これはイケると感じたそうです。

作り方など、完全な白湯の作り方などあるので、興味ある方は
本で確認してから試されるとより効果を感じられると思います。

中村さん、素晴らしい本を紹介して下さり本当に感謝しています。

ありがとうございます(^_^)

posted by kojima at 20:55 | おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ありのままの自分でいることをゆるそう! | 2016年01月31日

2011年から感情の解放と瞑想に関して学ぶ機会を頂き、
おかげさまでいろんな意味で生きていくことがだいぶ楽になってきました。

昔は、数年に一回はわけもわかないくらい怒られる機会があって落ち込んだり、
息子のためだからと叱るのではなく怒ってコントロールばかりしていました(笑)

今では家族で一緒に毎月のお稽古ごととして、継続しています。

東京でも、毎月その場を主催者としてプロデュースしています。

これからの時代、感情の解放と瞑想を学ぶことはビジネスマンにとっても
大切な要素になってくるように感じています。

もし、ピンときた方はお待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       2016年2月7日(日)

  東京・リメンバランスセミナー開催

「ありのままの自分でいることをゆるそう!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、児島です

2016年がスタートしましたがいかがお過ごしですか?

前回は「ありのままの自分を生きる!」というテーマで
新年初めてのリメンバランスセミナーが行われました。

(前回の雰囲気はこちらから感じてみてください。)
http://ameblo.jp/rakurakulivenet/entry-12119424834.html


今年は、「ありのままの自分」に戻る
大きなターニングポイントの年になりそうです。

「ありのままの自分」に戻るために
いろいろな角度から前田先生にお話をしていただこうと思っています。

今回の東京リメンバランスは

「ありのままの自分でいることをゆるそう!」

ということをテーマにしたいと思います。

気付いて、感じて、味わって、
表現することなどをいざやってみようとしても
周りの顔色を伺ったり、評価や結果が気になったりして
二の足を踏んでしまうことはありませんか?

そしていざやってみたら!
ありのままの自分を表現出来た!と思ったら
周りから非難されたり、攻撃されて戸惑ったり

逆に周りは歓迎してくれているのに、
やたら申し訳なくなったり、苦しくなったり。。。

これって一体何が起こってるんでしょうか?

今回は
巷を賑わしている芸能人さんたち
政治家さんたちに起こっていることも例に挙げながら

「ありのままの自分でいる」ためのヒントや具体的な方法を、
いろいろな角度からお話をして頂きます。

また、具体的に生活の場面でどのように実践したらいいかなども
お話していただく予定です。


2016年2月7日(日)東京・湯島にて
心よりお待ちしております♪

開催時間も、13:30分スタートとなりますので
お間違いないようにお願いします。

・……・……・……・……・……・
(*初めての方へ)

下記を御覧頂いてから、ご参加頂くとより理解が進みますので、
参考にしてください。

http://rakurakulivenet.com/dtx/

セミナーの最後に行う瞑想ワークショップでは、
体をデトックスする瞑想も行います。

瞑想をすることで、直観力や洞察力、創造性がアップし、
さらに体質改善&美容にも効果があると言われています。

瞑想には、集中型の瞑想と開放型の瞑想と2種類あります。

集中型の瞑想は、禅(坐禅)やヨガで行うマントラ等を使った瞑想ですが、
どちらかというとプロ向けの瞑想です。

ここで行う瞑想は開放型の瞑想で、
初心者でもすぐに瞑想に入れるような構成になっています。

この開放型の瞑想を行う事で、
自分の中に集中していた意識を外側の空間におく練習をしていきます。

「意識が外(空間)にある」ことで、
周りの状況や相手の状態を自分の偏りをなくして、
そのまま(リアリティー)を見る事が出来、
それに対して自分の出来る事を無理なく表現をしたり、
自分の本来の能力を上手く発揮していくことが出来るようになります。


・……・……・……・……・……・

◆日程:2016年2月7日(日)

◆時間:13:30〜18:30(13:15開場)

◆参加費:13,000円(講義10,000円 瞑想3,000円)
*会場にて支払いください。
*瞑想だけの参加は不可です

◆講師:前田知則、足利哲也

◆会場:東京都内、文京区で行います。お申し込み頂いた方に
                  場所をお知らせいたします。


◆持ち物:
・ヨガマットまたは床に敷くもの
(セミナー後の瞑想であると快適です。座って瞑想する方は必要ありません)
・バスタオルまたはブランケット
(瞑想中、一時的に体温が下がって涼しくなるため、必要な方はお持ちください。)

◆お申し込みは不要です。
*初めて参加される方、事前に参加がわかっている方は、
下記アドレスに「2/7東京セミナー参加」とメールを頂ければ、
当日受付で名前をご記入頂かなくても大丈夫のようにしておきます
info@openmind.co.jp


◆お問い合わせ:
児島慎一【080-3170-5816 】
info@openmind.co.jp


・……・……・……・……・……・

3月以降の予定

3月6日(日)・4月3日(日)・5月8日(日)・6月5日(日)

fd62be308b586cda6b4cb63a8ad826c9_m.jpg

posted by kojima at 23:22 | リメンバランス(心のデトックス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生の棚卸し | 2016年01月30日

今年は、人生の棚卸しをしようという気持ちが
高まってきています。

現在46歳ですが、「五十にして天命を知る」といいますので
本当に自らの使命を果たしていく時期までに、やっておくことが
あるような気がしているからです。

世の中全体の風潮として、よりスピードが早く、複雑で、不確実性が
が増し、出来事の因果関係も不明瞭で前例のない想定外のことばかり
がおきています。

そのような時代を我々は生きているわけですが、その中で心の平安や
調和された人間関係、幸せや豊かさをどのように感じ生きていけば
いいのかということも、ひとりひとりにとても大切なこととして
問われているようにも思います。

だからこそ、根源的なことや原理原則に耳や心を傾けたりする時間や
機会も大事ですし、世の中の現象や先端性にも関心を持ち、自らを
変化させていきながら、心を開いていく態度や姿勢も同時に必要性が
増しているように感じます。

ソクラテスが説いていた「無知の知」という表現がありますが、我々は
多くのことを学ぶ前に前提や偏見を持ち、自らの目で事実を確認する
ということを疎かにしてしまいがちです。知らないことを素直に認め、
そこに対して謙虚に学ぶ姿勢がとても大事になってくるように感じます。
先日、内村鑑三の「代表的日本人」をNHKの100分de名著という番組を
通じて、再度読みなおしました。
そこには、多くの偉人が自らの人生と向き合い葛藤を受け入れてきた
生き様が描かれていましたが、あらためて多くの気付きもあり、背筋が
シャキッと伸びるような気持ちがしました。

今年は、会社設立して10年目の節目になります。
いろんな角度から「人生の棚卸し」をしてみようと思います。
できること、できないこと、得意なこと、苦手なこと、もっているスキル、本当に
やりたいこと、やろうと思って先延ばししてきたこと、家族としてやりたいこと、
など他にも様々な視点から振り返り、言語化して、自覚も促しながら、次の
ステージへ進化するプロセスができる状態に、自分自身や会社そのものを
整えていけたら思っています。

また、皆さんのお力もお借りしながら一緒にこの激動の時代をエキサイティング
に進んでいけたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

e77712cb11dcc35a9e14a877e3d2f08d_m.jpg

posted by kojima at 22:24 | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

copyright(c) 2009- OpenMind Allright Reserved.